maricuru
紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

maricuruアドバイザー

恵比寿Duo DOMO(デュオドーモ)

2018/07/01

💑11/02/12
💍17/02/12
💒18/07/01@恵比寿Duo DOMO
ウェディングテーマ「レインボー🌈」✨
DIY楽しんでます!
.
一生の思い出に残る瞬間にしたい◟̆◞̆❣️
.
二次会会場には
恵比寿のエレガンテヴィータを
選びました⑅*ॱ˖•

プロフィールをもっと見る

挙式

恵比寿Duo DOMO(デュオドーモ)

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

小中高と私立のミッションスクールで育ち、お世話になった牧師さんがいたので、その牧師さんに挙式を頼みました。 また、聖書を牧師さんに運ぶバイブルボーイも大好きなお兄ちゃんお姉ちゃんの息子くん(当時1歳11か月)にお願いし、入場から退場までのオルガン奏楽は叔父(母の弟)の奥さんに頼みました。 さらに、通常なら聖歌隊や歌い手さんが担当なさる祝いの歌も中高の同級生で現在、警察の楽隊に所属するクラリネット奏者の幼馴染に依頼しました。 1番のハプニングは、指輪交換で新郎が指輪を落としてしまったことです!(笑) しかし、普段からいじられキャラの新郎を新郎友人がうまくツッコミでカバーしてくれたり、わたし自身も慣れっこなのでいつものように笑ってしまいました。 (新郎母と牧師さんが1番焦っていました…笑) 緊張感のあった会場が一気に和み、わたし達らしい結婚式になったのではないかと思います。

ゲスト人数

90名

挙式時期

挙式スタイル

教会式

満足度

お気に入り&おすすめポイント

全体的に白とグリーンのイメージで、可憐さとナチュラルさがあります。 飾り付けも可能ですし、ペットが同席するようなイレギュラーな式にも対応してくれるようです。 広い会場ではありませんが、参列者との距離も近く、ウェディングチャペルらしい雰囲気で素敵です!

ドレス-リリアーナ

挙式は教会式だったので、少しクラシカルなイメージのあるドレスにしました。 Aラインで、背中があまり開いていないデザインを選びました。

披露宴

恵比寿Duo DOMO(デュオドーモ)

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

新郎新婦のやりたいことをたくさん詰め込み、ウェディングテーマの「Rainbow」と新婦の好きな「ピカチュウ」であふれた会場になりました! また、新郎は音楽が好きなので、BGMは新郎がこだわって選曲しました。 参列してもらったのに、一言もしゃべれなかった…と思うゲストがいないよう、自分の招待したゲストには私たちから一人ひとり話しかけるよう気をつけていました。 後日届いた写真のみんなの笑顔を見て、楽しんでもらえたのかな、気持ちが伝わったのかな…と嬉しく、心に残る一日になりました。

ゲスト人数

90名

挙式時期

挙式スタイル

教会式

満足度

お気に入り&おすすめポイント

DuoDOMOは、披露宴会場のスクリーンが360℃に配置されています。 そのため、どの席に座っていても、首をひねることなく映像などを楽しむことができるので、注目度が高いです! また、挙式と披露宴の間に、建物の中間にあるガーデンでガーデンタイムがあります。 小さな庭園のようになっていて、季節の花(冬はイルミネーション)が咲き乱れ、とってもオススメです。 1日2組で午前挙式と午後挙式に分かれているので、別の新郎新婦とゲストに鉢合わせることは絶対になく、貸切感を存分に味わえます!

会場装花

ウェディングテーマの「Rainbow」に合わせてアイディアを練りました。

高砂は、雲に見立てた白い花の中に7色の花を飾ってもらいました。 また、7色のチュールも用意しました。

ゲストの席は、空をイメージしたブルーのテーブルクロスを敷いてもらいました。 雲に見立てた白の花をメインにラウンド型の花器にロウソクと一緒に飾りました。

お料理

会場はゲストハウスのような建物なのですが、「レストランウェディング」と謳っています。 その名の通り、お料理がとても美味しく、こだわりがあります。 普通の式場はプランによってコース内容が決まってしまいますが、DuoDOMOでは、いくつかあるメニューの中から前菜を1つ、メインを1つ…と選んでいくので、新郎新婦次第でさまざまなコースが出来上がります。 季節ごとにメニューも変わるようなので、もし同じ会場で友人が挙げるとしても、全く違う内容のお料理が食べられるというのはおもしろいな…と思いました。 わたし達は、30歳同士の夫婦だったので、ゲストも何度も結婚式に参加した経験のある友人が多かったです。 しかし、お料理は「今まで参列した中で1番美味しい」とみんなからも親世代からも大好評でした!

ウェディングケーキ

テーマに合わせて「Rainbow」なケーキを考えたのですが、普通では面白くない…。 そこで、レインボーカラーのケーキをもくもくの雲状にした生クリームで完全に覆ってもらいました。 登場した時は、拍子抜けするほどシンプル。 (あまりにシンプルだったので、トップにピカチュウのマジパンを飾ってもらいました) でも、ケーキ入刀して、切ったケーキをゲストのほうに向けると… 華やかなレインボーケーキがお目見えし、カット、披露、ファーストバイトで3回も盛り上がる流れになったので、工夫してよかったです!

ブーケ

ウェディングドレスには、夏らしく向日葵のラウンドブーケを合わせました。 持ち手には、空色のリボンと白いレースのリボンを長めに垂らしました。

カラードレスは、レインボーだったのでポップな可愛らしさが映えるよう、緑を基調としたカゴブーケにしました。 その中に、ピカチュウのぬいぐるみと、ピカチュウの好きなリンゴ(姫リンゴ)を飾り付けてもらいました! イメージ通りのカゴブーケに大満足です。

ドレス-ジーン

正統派のウェディングとは、ガラリとイメージを変え、ウェディングテーマでもある「Rainbow」にピッタリのレインボードレスを選びました。 このころのレインボードレスの流行りは、パステル調のものが多かったのですが、私のイメージはもっとパッキリした色味のものでした。 式場でレインボードレスがあると聞いて、パステルかなぁ…と思って待っていたら、イメージにぴったりのドレスが出て来て、本当に運命を感じました!!

結婚式について

結婚式でこだわったこと

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

・全体的に虹の要素をちりばめること ・新婦が大好きなピカチュウも映えるような装飾 ・統一感を大事にしたこと ・ゲストに心から楽しんでもらえるよう全員と関わりや会話を持てるよう意識したこと

結婚式について

結婚式で感動したこと

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

ケーキのファーストバイトの前に、両家の母親からのラストバイトを行う話を進めていました。 そこで、新郎が「母親の出番ばかりで、父親がかわいそうやな〜」と言い出し、父親と「ラストグラス(独身最後の乾杯)」ができないかと言い出しました。 プランナーさんと「面白い!新しい!」と盛り上がり、実践しましたが、とても良かったです。 もっとブライダル界隈で流行って欲しいです! ちなみに、わたし達は、新婦側に父親がいないのですが、ラストグラスを提案した時にお父様が「〇〇ちゃん(新婦)に悪くないか? ちゃんと考えや?」と新郎に釘をさしたそうで、新郎の優しさはお父様譲りなのだなーとうるっときました! わたしが「2人の乾杯を見たいんです!」と話したところ、快諾してくださり、当日、グラス一杯の味を噛み締めるかのような表情の2人を見て、わたしもとてもじーんときました。

結婚式について

参加したゲストに言われて嬉しかったこと

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

2人らしいエンターテイメントに溢れる結婚式だった! 時間が過ぎるのがあっという間だった! と言われたのは嬉しかったです。

結婚式について

結婚式で後悔していること

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

基本的にやりたいことはすべて詰め込みました。 諦めた理由は、お金よりも、準備時間が足りなかったのと、2人とも仕事と両立していたので精神面のバランスを取るためでした。 新郎新婦のやりたいことをどうしたら無理のない範囲で実現できるかを一緒に考えてくださる方針の式場です。 担当プランナーさんが話を聞いてくれ、できないことがあった場合も、全員が納得して進めることができたので後悔していることはないです!

結婚式について

節約のために工夫したポイント

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

新婦が編集の仕事をしているので、ペーパーアイテムなどはすべて自分でデザインし、印刷会社に出稿しました。 持ち込み料が一切かからない会場というのも決め手だったので、ありがたかったです。 手作りできるものは、なるべく手作りし、友人の力も借りながら進めました。

結婚式について

持ち込みしたもの/持ち込み料

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

新郎衣装 プチギフト : 無料 ペーパーアイテム : 無料 音楽・楽器 : 無料 ウェルカムグッズ : 無料 ※現在とは異なる場合がございます。ご了承ください。

結婚式について

未来の花嫁さんへのメッセージ♡

紫暢-SHINOBU-さん

紫暢-SHINOBU-

DuoDOMOは、自分のやりたいことが叶えられる式場です! 結婚式に明確なイメージがあるカップル、人と違う式にしたいカップルにはピッタリだと思います。 わたしが1番感動したのは、スタッフ間の連携です。 式場見学の段階で担当の案内係のスタッフさん以外のスタッフさんにも、式場内ですれ違うときに「レインボーの花嫁さんですよね!」と声をかけていただきました。 これは、スタッフ同士のコミュニケーションがきちんと取れていなければ、絶対に口にできないことだと思います。 もし、担当プランナーさんに何かあったとしても、きちんと別のプランナーさんが引き継いでくれるだろうという安心感が式場見学の時点でありました。 また、プランナーさん一人ひとりが、担当のカップルのために全力で一緒になって準備を進めてくださいます。 そのほか、ヘアメイクさんやカメラマンさん、装花担当さん、司会者さんなど、式場に出入りする外部スタッフさんと式場スタッフさん達の関係も信頼しあっている感じですごく良いので、安心して式の準備を進めることができると思います!